FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひさしぶり

 すぐ近くのスーパーに買い物に行ったら、以前教えていた女の子のお母さんとお会いした。「あら、先生」と呼びかけてくださって、ちょっとばかりお話しできた。
 その子は小学校低学年までおけいこに来ていた。利発な子だったし、今は都内の私立中学(娘と同じ2年生)に通っているそうである。実は彼女、左手の指が2本しかない。先天的に左足も指が少なく、特別なサポーター(?)の上から靴下と靴を履いている。お母さんは初めてうちにいらしたとき、「この子でもピアノを弾けますか?」と、女の子がお母さんのうしろに隠していた左手を差し出した。優しいけれど、本当に芯の強いお母さんである。まだ小さかったので、もう少し大きくなったらとお話ししたら、しばらくしてまたいらしてレッスンが始まった。
 指が2本ということは、幼児用の導入教材の間にはたいして問題ではない。くぐったり追い越したりすれば、たいがいの曲は弾ける。和音は無理でも、少し手直しすればだいじょうぶ。負けん気の強いがんばりやさんで、とてもきちんと練習してきてくれた。発表会にも出た。幼稚園でも、逆上がりだって、できるまでやめなかったそうである。ピアノをやめたあと、公園で友だちと遊んでいるのを見かけたが、男の子たちと本当に元気よく駆け回っていた。小学校で吹くリコーダーも特注のもので、他の子より上手に吹けるまでがんばりました、とはお母さんの弁。
 今はバトミントン部に入り、毎日6時前に出かけていくそうである。「どうも、体育系のようで」と笑っていらした。まだ小さかったころ、「『さっちゃんのまほうのて』は、まだ平常心で読んであげられません」とおっしゃっていたお母さん、今はどうでしょう。
 ところで彼女のお姉ちゃんは、私の出身高校の後輩。しかも同じマンガ同好会だった(もちろん、ず~っとあとのことです)。そのあと大学の建築科に進んだが、なんと在学中からデビューして、プロの漫画家として活躍中だそうである。これも不思議なご縁である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お母さんも頑張りやさんですよね!

障害を持っていらっしゃる子のお母さんたちは、本当に強くて、優しくて頑張りやさんが多いですね。
子どもに励まされたり、子どももそんなお母さんを見ながら、いろいろな困難も乗り越えて、すごいなぁ~と思います。
少し前ですが、「夢コン」オーケストラの共演の発表をチビと聞きに行きにいきました。
先生のお子さんや、他の生徒さんの応援も兼ねて・・・
その中に、「リックサック」をしょいながらピアノを演奏している少年がいて・・・
私はその時、ファッションなんだか、その子のわがままなんだか、不思議だったのですが、後で先生に「あのリックの中には、点滴が入っているのよ・・・」と聞いて、ビックリしました。
ご飯を口から食べられない、点滴がないと生きては行けないお子さんだったのです。
でもすごい上手な演奏で・・・本選まで行ってしまいました。
病気ながら、ピアノの練習を人一倍努力しているとのこと。
ピアノはいろんな困難も越えながらも、夢中になれる魅力のあるものだなぁ~と、感じました。

しおんさんも、ずっと忘れることのない、大切な生徒さんの一人ですね~♪

音楽の力

音楽の力が、生きる力と交わるとき、想像もできないエネルギーが生まれるのかもしれませんね。

その生徒さんは、まだ小さかったうちの娘が「どうして、その手はそんな形なの?」とおとながどきっとする質問をしても、「ほら」と見せてくれる元気な子でした。ずっと近くに住んでいて、大きくなっても会えるのが楽しみです。
プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。