スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いずこも同じ

 午後から高校の二者面談に行った。今ごろ、しかも三者面談じゃないなんて、と思いながら出かける。行ってみたら、自主的に三者面談にしている親子もいたので、まだ校内にいるはずの長男に「一緒に来る?」とメールしたら、「嫌だ」の一言。
 長男の担任の先生はとても話好きだそうで、昨年も予定時刻を大幅に過ぎた。なので、かなり余裕をもってレッスンをずらして出かけたのだが、結局順番が回ってきたのは予定時刻の1時間後。待っている時間が長いので、お母さんがたまってきて、井戸端会議に花が咲いた。「全く男の子って!」という内容ばかり(理系の長男のクラスは40人中男子が30人だから、男の子のお母さんの確率が高い)。「ベッドの上でお菓子を食べたりしても片付けないでぼろぼろ」「お弁当を残してそこらへんにころがしていて、匂ってきてもそのまんま。」今週が締め切りだからと今日長男が提出したセンター入試の申し込みだが、そこにいた3人のお母さんは何と三人とも「今、受験料を振り込んで来ました。」とおっしゃる。「さっき、携帯に『受験料、振り込んどいて!』と電話してきました。」という方まで。み~んな、ぎりぎりなのね。
 南浦和に住んでいるという同級生は、高校の最寄り駅に自転車を置いて、それで高校に行っていると言う。同級生で一緒に自転車を置いている子がいて。それはそれだけれど、最初は自転車でそこまで行ったんだって。「あ、その時、○○君遅刻したって、うちの子が言ってました。」ともう一人のお母さん。長男が定期を落としたとき、親に言えずにこっそり次男の自転車で高校に行ったことがあった。西川口から春日部まで。全く男の子って、何を考えているんでしょう?
 だらしなくて何やってるかわからないのがうちの子だけじゃなかったということは、わかった。高~い塾にも通っても、成績は一向に上がらないのがうちの子だけじゃないのも。だけど、だからって「よかった。」と思えるわけでもない。
 先生のお話よりも、情報交換が意義深い二者面談だった。先生はそれも狙ってるのかな?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。