スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準決勝へ

 去年の今ごろ、市立中学校を選ぶ書類(我が市では小中学校は選択制である)を書くにあたって、次男は「お母さん、ボクは友だちと毎日サッカーを練習したいんだよ。」と言った。強い・弱いは関係ない、とにかく仲間とサッカーしたい、と。だから、学区の中学校にはサッカー部がなかったので、私の母校である中学校を選んだ。そこのサッカー部は強くはなかったけれど、いい先生がいらして楽しくサッカーしてるよ、と聞いたので。いや、「強くはなかった」というより、市内の中学生大会に出ては一回戦で負ける弱いチームだった。
 希望の中学校に進学できることになって、4月の入学式に行ったら、「楽しくサッカー」の先生は転任なさって、新しい顧問の先生がいらしていた。これがまた、めちゃくちゃ厳しい先生だった。雨が降って校庭を使えなかったら学校の外周20周(10キロは超えると思う)、声が小さいと叱られたらダッシュ100本。土日もほとんど練習と練習試合である。でも、次男は6月頃に「お母さん、オレ、○○中に入ってよかったよ。」と言った。練習に出かけるのに、水筒やら、水筒に入れる氷やら、エネルギー補給のゼリーやら、文句も言わずに自分で用意して、洗うのも準備するのも全部すすんでやった。「お母さん、やっといて。」とは決して言わなくなった。お小遣いもおばばからいただくお金も、すべてサッカーにつぎ込んでいる。
 今週は、市内の中学校の新人戦である。「出ると負け」だった次男の中学校は、昨日も今日も勝った(くじ運もよく、2回戦からの出場だった)。次は月曜日の準決勝、勝てば県大会に出場できる。本当に運よく、1年生だけれど先発メンバーに入れていただいている。サッカー一色の生活である。お勉強はさっぱり!だけれど、まあ、こんな中学校生活もありかな、と思う。月曜日は、勝っても負けても「がんばったね。」と言ってやれると思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。