スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめ

 また中学生の女の子が自殺して、いじめの疑いがあるとか。クラブ内で、「わざと強いボールを投げて、取れないと笑う」「あいさつしても無視される」「仲間はずれにされた」など、傷つけられることが多々あったらしい。でも、中学校は「いじめの事実は、確認できていない」だそうで。
 またそういうことになるの?と思う。上に書いたいじわるは、うちの娘が受けていた内容とほぼ同じである。毎日一緒にいる仲間から、一つ一つは些細なことでも、繰り返しこのような仕打ちを受けていたら、傷つくに決まっているでしょう。
 娘の場合も、いつも一緒にミニバスに通っていた友だちが、別の友だちが入ったとたん「私たちの近くに寄らずに、5m以上離れて歩いてよ!」から始まり、クラスの中でもいつも机が外れたところに置かれたり、掃除のとき「○○がさわったから、きもてえ!」などと言われ続けた。
 子どもたちもしたたかだから、「わざとなんか投げてません」「たまたま、あの子の声が聞こえなかったから返事しなかっただけ」「そんなつもりはありませんでした~」と言い訳のできるところでいじめ続ける。重松清さんが繰り返し小節の中で書いているとおり、一人一人になればみんないい子である。でも、「みんな」になったとき、相手の気持ちは考えずに遊び半分で精神的な袋叩きを平然と行える。明日になったら、いじわるの対象はころっと変わって、「みんな」の中からピックアップされたりするし、とりあえず今いじめられている子が継続して「いじめられっ子」であれば安心というのもあるらしい。
 「失神ごっこ」は危険だけれど、法的に罰することもできるし言い逃れはできない。でも、心のいじめは、発覚しても誰かの都合が悪ければ簡単に抹殺される。深く深く傷ついている子がいることに目をつぶれるのが、本当の先生なの?死んで訴えるしかないなんて、悲しすぎる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。