スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆さまな人・覚えられない人

 末っ子は、大の納豆好きである。いや、うちの子どもたち全員納豆は好きである。家計の面でも栄養の面でも、たいへん助かる(そういえば、次男が1歳くらいのころ、休みの日で親が朝寝坊していたら、一人で冷蔵庫を開け納豆を取り出し、手づかみで1パックたいらげ、その手のまま布団に戻ってきたりしていた。余談デス)。特に、挽き割り納豆が好きらしい。が、いつもは普通のを買うので、めったに置いていない。昨日、珍しく挽き割り納豆を買ってきてあったら、自分で冷蔵庫を捜したときに見つけ、「あ、これ!ボクの好きな『わりびき納豆』じゃない!お母さん、ありがとう。」と感謝された。確かに、割引のときにしか買わないけどさあ。自分でも言ってみてから、ちょっと違うぞ、とは思ったらしい。ついでに言うと、最近の小学校給食にも納豆は出るけれど、「学校のは、粒が大きくて、あんまり好きじゃない」そうで。あ、でも納豆は本当に好きで、「お母さん、ボク回転寿司に行きたいなあ。納豆巻きをたくさん食べたいもん!」とぼやいている。みんなが納豆巻きだけ注文するなら、いつだって連れて行ってあげるけれどね。

 さて、今日は次男の中学校の創立記念日で彼だけ休みだった。朝から友だちと何度も打ち合わせをして、例によって大宮のサッカーショップに出かけていった。トレーニングシューズとソックスを買って、友だちと吉○屋の牛丼を食べて帰ってきた。ちゃんと卵も注文したそうで、「卵をかけると最高だね。」と満足げ。でも、「もう少し、タレがあってもよかった。」と言うので、ダンナが「『つゆだく』でお願いします。って言えば、多めにしてもらえるぞ。」と教えた。「わかった!今度から、そう言って頼もう。」と納得して、あとから何度もその言葉をチェックしていた。でも『つゆだく』っていうのがどうも出てこなくて、「えっと、えっと・・・」と悩んでいる。「だってさあ、あれって、『つゆ』じゃなくて『タレ』って言いたくなるんだもん。」と言うので、「タレを多めにしてください、ってお願いしても、必ず通じるからね。」と助言した。だって、『つゆだく』が言えなくて変な言葉を発するよりも、絶対に安全じゃない?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。