スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハノン

 長女はほんとうにのんびりピアノを弾いている。メトードローズがちっとも進まない。まあ、最終的には課題曲(ブルクミュラー・ソナチネ程度)1曲弾ければいいから、私ものんびり構えている。最近は、生徒が弾いているのを聞いて発奮、「エリーゼのために」に挑戦中。
 その娘が、「お母さん、みんながタッカタッカとか、リズムを変えて練習してるのあるでしょう。あれ、私も弾きたいんだけど。」と言い出した。何のことでしょう?よくよく考えて、「ハノンのこと?」と聞いたら、「そうそう」と答える。「あれを弾きたいの?」「うん、だって、かっこいいじゃん。私の弾いてるのって、へぼいんだもん。」「それはあなたが練習しないから進まないんでしょう」と思ったが、ハノンが弾きたいんですって?
 ハノンとは、同じパターンを繰り返すだけの指のトレーニングの曲である。いや、曲と呼ぶにはあまりにも単純。でもって、ピアノを習いに来る生徒さんたちは、たいていハノンが嫌いである。指をきちんと早く動かせるようにするには最短コースの練習曲だと思うが、つまらないらしく、真剣に取り組んでくる子は少ない。私は、どうせ家で弾いてこなくても、レッスンでくどくどと弾いてもらっているのでいいけどね。それが、お気に入りになるわけ?ハノンがかっこいいから弾きたいという子どもに、私は生まれて初めて出会った。いいでしょう。ハノン先生と異名をとる私、しっかりハノンを弾いてもらいましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。