スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーホの白い馬

 末っ子は、毎日音読の宿題で国語の教科書を読む。昨日から、課題が「スーホの白い馬」になった。やばい、これは私の苦手な話である。ちょっと感じをこめて話し言葉を読まれたりしたら、まずいじゃないの!
 と、思っていたのだが、今のところ全く問題なし。しどろもどろだし、「にじゅうあたま」「けいうま」「くさはら」と、はてな?の言葉がいっぱい出てくる。ちなみに「二十頭」「けい馬」「草原(間違いじゃないけれど、モンゴルのは『そうげん』でしょう?)」とか、とにかく漢字があやしいのである。感動するどころではなくて、何より。
 ところが、今日が滑り止めの私立大学受験だった長男も、ひたすら怪しい。昨日受験場所の確認をしていたとき(今は、いろんな会場で受験できる)、「えっと、オレのは『しろやま』会場だから・・・」と、のたもうた。それは、「白山(はくさん)会場」じゃないの!ず~っと、東京の隣に暮らしていて、文京区白山を知らないとは?!文系じゃなくて、よかった。

 ところで、今日は、世に言うバレンタインデイ。昼過ぎに、ダンナの生徒さん(OLと学生さんの、なかよしコンビ)から電話があった。「先生、今、いらっしゃいますか?」って、2人でわざわざチョコレートを届けてくれた。「でも、今日、会社は?」とダンナが聞いたら、「休みました!」と、元気なお返事。そっか、、、会社の男性陣には関係ない世界なんですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。