FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校公開日

 昨日レッスンできなかった分、生徒さんが来たので、ウィークデーと全く同じ日曜日だった。小学校の学校公開日だったので、次男と末っ子はお弁当。ついでに娘も、日曜学校から直接箏のレッスンに行くからとお弁当持参になった。長男は高校の文化祭。せっかくの公開日なのに、小学校も高校もほとんど参観できなくて、ちょっと残念。
 午前中はびっしりレッスンだったのだが、お昼過ぎ、4時間授業で帰ってくる末っ子に合わせて小学校に行った。末っ子のクラスにいる生徒さんと一緒に帰って、そのままおけいこするお約束になっていた。その女の子と末っ子、そして末っ子のいつもの友だちと一緒に、のんびり通学路を帰った。そのにぎやかなこと。男の子三人組はもたもたと歩道に拡がって歩くし、050605_1410~01.jpg

050605_1411~02.jpg

都会(?)の大通りなんだけれど、ちょっとした空き地で道草くうし、050605_1417~01.jpg

くちゃくちゃふざけ回るし。050605_1419~01.jpg

でも、私は下校する子どもたちって、好きだ。登校するときもいいけれど、下校の時はなんともいえない開放感がある。子どもの放課後って、自由に向かって開かれた時間なんだね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「子供の放課後って、自由に向かって開かれた時間なんだね。」そうだー。そのとおりだー。
それなのに、ゆとりとやらのおかげで、今の小学生には放課後が少なすぎる!!

私は土曜のあの半ドンで帰る帰り道の時間が好きだった。
「今日のお昼は焼きそばかな~」などと想像しながら、あまりある午後の時間をどうしようかとワクワクしながら帰ったり、友達と約束をして、その過ごし方で頭の中がいっぱいになったり、土曜日の放課後&帰り道は特別なものだった。
うちの長男は1年生の1年間だけ隔週土曜日授業を経験しているので、「またもとに戻んないかな~」と言っている。学校に特別親しい友達がいるわけでもない、マイペースの彼でもそう言うのだから、やっぱり土曜日カリキュラムは特別な意味があるのだと思う。

ささきちさん、ようこそ

 半ドンという言葉、聞かなくなりましたね。今の子どもたちに言ってもわからないでしょう。(長男の高校は隔週土曜日半ドンです、私立なので。でも半ドンはわからない様子)なんか、余分に得した気のする土曜日、私も好きでした。たいしたことをした記憶もありませんが、わくわくしていました。
 放課後、門限までくたくたになるまで遊んで帰って、それから宿題やら課題やらをこなす生活、我が家では末っ子と次男だけが実践しています。子どもが大きくなると、そんな幸せな生活もなかなかできなくなりますね。
プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。