スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩味

 実は、数日前から、味覚に異常が。
 一番よくないのは、塩味がわからないこと。ついでに甘みに関しても、ぼんやりとしか感じない。塩をなめても、ちっともしょっぱくない。お料理するとき、本当に困る。全くわからないので、味噌汁なんかは子どもたちに味見してもらっている。いつも作っていて、だいたいの目安がわかっているものは、勘だけを頼って作る。
 突然、なんでこんなことになったのか、とネットで調べてみた。わかったのは、味覚障害というのは、いろいろな原因でけっこうちょくちょく起こるということ。内臓の病気から、ストレス、老化、なんだってあり、という感じ。心当たりといえば、最近歯の治療をしたことである。明日歯医者さんに行くので、聞いてみるつもり。でも、全然関係なくて老人性味覚障害だったら、どうしよう。
 しかし、日頃から薄味が好きで、ちょっと濃いめの味付けだと「しおっから~い!」と思っていたのに、塩味を全く感じないのって不思議な気持ちである。幸いなことに、うまみなどのニュアンスは、比較的ちゃんとわかる。でも、塩味のない世界って、なんだかぼんやりしていて、おかしな感じ。長男は、「病院へ行け!オレが飯はつくってやるから。」と言うが、一向に作ってくれる気配はない。どうも舌癌を心配しているらしい。自分の感じからして、それは絶対にないと思うんですけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

どうしたんでしょう?

塩味がしないというのは、変なものでしょうね。
塩分摂りすぎちゃうし・・・

ストレスって、自分で思っても見ないことがストレスの原因になることもあるようだし。。。
春先って、何かとつかれますから。

新入学やお引っ越しやらありましたものね。
良くなるといいですね。回復をお祈りします。

ありがとうございます。

おかげさまで、塩味はだいぶんわかるようになりました。やはり、歯の治療で使った新しい素材のせいらしいです(他に理由もないし)。今でも味付けはちょっとこわいので、家族に味見してもらっています。どちらにしても、味がわかってもわからなくても、食いしんぼの私は三食三食ちゃんと食べてます。

自分自身では、大学を卒業したころとちっとも変わっていない気持ちですが、考えてみたら今年年女の私は次回は還暦、いろんなところにがたが来るのも当然ですね。発表会の翌日も、何にもする気がおこらないくらい疲れるようになったし。自分の体調管理も仕事と思うこのごろです。

五線さんはもっと大変だと思うのですが(失礼!)、今までの大活躍に加え、おばあちゃん業まではりきっていらっしゃるのには、頭が下がります。五線さんこそ、くれぐれもご自愛くださいね。
プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。