スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分で読む

 末っ子が1年生になって2ヶ月余り。はじけとんだ状態が続いている。とにかく学校から帰って誰と遊ぶかが最重要問題。もちろんなかよしがいて、たいてい遊ぶ子も決まっているが、せっせと計画を立て、学校から帰るとランドセルを放り出して出かけていく。「天気のいい日は外で」と言われているので(「お日さまの栄養をもらうんだよ」と言ったお母さんがいらしたとか。いい言葉ですね)、たいがいは公園に直行する。最近は暑いので、水筒に麦茶も欠かさない。みんなでわいわい遊んで、5時きっかりに「ただいまあ!」と帰ってくる。
 たどたどしく一文字ずつを読むのがやっとだったひらがなも、まがりなりにも文章を読んだり書いたりできるようになった。それで、夜寝るとき「読んで読んで」とせがんでいた本を、自分で読みたい気持ちになってきた。おでこに本をくっつけて、一言ずつゆっくりと声に出して読んでいる。最近気に入っているのは「うさんごろ」。瀬名恵子さんの絵本である。何度も読んで、「いろんなシリーズがあるから、また次のを借りてきてね。」とお願いされています。30859054.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。