FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念願カナって?

 次男は、しばらく前からず~っとサッカーチームに入りたがっていた。友だちの入っているクラブを見に行って、自主的に体験させてもらったり、かいがいしく調査していた。親としては、今から小学生のクラブに入ってもと思ったし、熱はいつか冷めるのではと期待していたが、いっこうにおさまらない。普通だったら、「中学校でサッカー部に入ればいいじゃない」と思うが、残念ながら校区の中学校にサッカー部はない。
 とうとうダンナが動いた。次男が「お金がないからサッカーできないなら、ヴァイオリンをやめる!」と言い出したので、それは違うよと、父親が重い腰を上げたのである。
 いろいろあたって、会費もお手頃だし、半ばボランティアのようなスタッフがしっかり指導してくださるところを選んだ。そのかわり、親のお手伝いも熱心だということだが、担当はダンナなので、私は知らないよ。体験で練習に参加したら「ぜひ入ってください」と監督におっしゃっていただいて、次男は満足顔。日曜の試合に出してくださるというので、とりあえずすね当てを買いに走っていった。あと1年もないのに、ユニフォームとトレーニングウェアを揃えることにもなった。
 まあね、やってみないで「どうせダメ」と決めつけられるのがいやな彼の気持ちはわかる。で、半年余りがんばってみて、「このくらいやって、わかったからいいや」と納得してくれればラッキーだが、「まだまだ続ける!」と言い出せば、サッカー部のある中学校ないしはクラブチームを捜すことになる。
 やれやれ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポーツクラブ

しおんさんの次男くん、活発そうだったから、意気揚々とボールを蹴る姿が目に浮かびます。よかったですねー。
でも、「私は知らないよ」というしおんさんの気持ちも、よっくわかります。っていうか、半分くらい(それ以上かも)は、物理的に無理なんですよね。
我家の愚息も、小学校時代少年野球に入りたげなそぶりでしたが、親の係わりがたいへんで・・・
おまけにうちは、だんなが運転もできない人だったので、本人がこりゃ言ってもだめだな、と思ったのでしょう、言い出すことはなかったですね。少々かわいそうかな、とも思わないではなかったのですが。
でも、中学になって部活で野球ではなく陸上を始め、廃止になった競馬場を、馬の代わりに走ってるとか。
お陰で、遠方練習や競技会がある日なんぞは、日曜日も弁当作りが待っている・・

陸上もいいですねえ

子どものサッカーなんて、ほとんど体力作りのようなものだから、まあ、基礎体力がつけばいいかなと思ってます。学校の持久走大会の時、上位入賞する子のほとんどはサッカーをやっていますね。

そう、親の手伝いって、この近所でも少年野球もすごいですよ。手伝いのほとんどないソフトボールとは全然違います。サッカーもなんだか大変そう。土日に仕事のある身で、ダンナもどうするつもりなんだろう?

今年中学校に入って陸上を始めて、「走るだけなんてつまらない」って言った子がいたんですって。確かにまあ走るだけなんだし、100メートルの世界記録を縮めるなんて、気の遠くなるような作業ですね。それが好きでたまらない子がいるんですね。お茶汲みおばさんの息子さん、がんばっているようで、すてきじゃないですか。
プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。