スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラソン大会

 今日は、末っ子が市内のマラソン大会に出場した。あまりにゲームばかりなので、ちっとは動きなさいと活を入れて応募したのである。
 小学生は2キロを走る。低学年・中学年・高学年に分かれている。末っ子は3,4年生の中学年男子の部。今年は332名ものエントリーだった。サッカークラブや野球チームに所属している子はユニフォーム姿(おとなの部には女装したり仮装したりする人も)。九時スタートで、高学年から1分半おきにスタートだが、発信器付のゼッケンをつけているから管理できるんである。
 前もって何の準備もしていなかったが、226位で無事にゴール。だが、大混雑の中で迎えに行くのも一苦労。どこにいるのかもわからなくてうろうろしてしまった。次々と出発してゴールするので、通れない場所だらけなんである。迷子の放送を入れてもらおうかとも思ったが(誰かを捜している放送がず~っとかかっていたので)、末っ子が自分の名前を呼ばれてもやってくるとは思えなかったので、ひたすらうろうろ。したらば、「末っ子君のお母さん、本部席に来てください。」との放送。末っ子のほうがお願いしたのね。それが正解でしょう。
 末っ子の友だちも結構参加していた。帰りにいつも遊んでいる友だちと合流した。彼はお父さんとファミリー部門(同じく2キロ)に出場していた。「ねえねえ、何分かかった?」と末っ子が聞くと、末っ子より30秒あまり早かったらしい。「お父さんに後押しされたからねえ。」とお母さんが話していたら、家に帰ってから末っ子が一言。「ねえねえ、○○君のお父さん、どうやって○○君を押したのかなあ?」『後押し』っていうのは、本当に押すことじゃないのよ。
 疲れちゃったし、こりごりなのかと思いきや、「来年も出てみようかな?」とのたまった末っ子。その調子で小学校の持久走大会もがんばってください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。