スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「春に」

 高校の娘も中学の次男も、たまたま音楽の時間に「春に」という合唱曲を歌っている。谷川俊太郎さんの詩に木下牧子さんが曲をつけたもの。「この気持ちはなんだろう?」で始まる、私も大好きな曲である。中学校では3年生が歌うことが多い。
 春に
 もともと次男は、昨年の合唱コンクールの時、先輩たちが歌っていたこの曲を「お母さん、『春に』っていい曲だねえ。」と話していた。それを授業で歌っていて、姉も歌っていることを知り、「姉ちゃんが帰ってきたら、伴奏してね。」とやる気満々で、学校帰りの娘をひっつかまえ、私に伴奏させて「春に」を歌う。ソプラノと男性パートじゃ足りないところもあるから、私も伴奏しながら必死でアルトを歌う。もともと声だけはでかい次男だが、まだ混声合唱の下の声部を歌えるほど声が低くなっていない。低い音は必死である。でも、きっと歌うのは好きなのだと思う。いつも歌謡曲を聴いているけれど、学校の音楽の授業や合唱も、実は好きなのだと思う。でも、あんまりやる気でがんばっているのは、どうもかっこう悪いらしい。難しいお年頃ですな。私は、家族が一緒に歌を歌うのはすごく楽しいと思うけれど。
 ついでだけれど、私は「春に」と同じ曲集にある「卒業式」という曲も好きだ。ユーモアと希望が相混じっている。
 卒業式
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。