スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子大会

 今日は末っ子の入っている町会ソフトボールチームの親子大会。6年生のお疲れさま会も兼ねている。出かける前に、末っ子が「お母さん、もしボクたちが勝ったら、今月のお小遣いを倍にしてくれる?」と、もちかけてきた。親子大会では子どもチームと親チームが対戦する。長男の時から10年も見てきたが、子どもが勝ったのは次男が6年生の時だけ。あの時は、町会対抗で優勝し続ける最強チームだったが、今は毎回最下位を争っている。絶対に負けるわけはないと、「いいよ。じゃあ、がんばってね。」と答えた。
 親のほうも、お父さんたちは町会ソフトボールでがんばっている人が多い。例年、お母さんはピンチヒッター的に打席に立つくらいだった。ところが、今年はお父さんの参加が激減し(ダンナも仕事で不参加)、お母さんが守備に5人も加わる状態。お母さんたちは必死である。打つのも走るのも、は~は~ぜいぜい、日頃の運動不足が露呈する。お父さんたちは、「ほ~ら、打てるかな~?」みたいなボールを投げ、自分が打っても(打つときだって、飛びすぎないようにてきと~に流している)、走ってるんだか歩いてるんだか、ふざけてるんだかわからないような様子。
 私はお母さんの中で最年長だし、おとなしくライトを守っていたのに、攻守交代の時に他のお母さんに先を越されてショートに立たされりした。たまたまライナーが飛んできて、えいっと伸ばしたグローブに2回連続ボールが入ったもので、校庭のむこうで練習していた女子ソフトボールチームにスカウトされてしまいました。
 ずっと子どもチームが勝っていたのだが、途中親チームが追いついて同点になった。最終回、お小遣いのかかっている末っ子が一発奮起、満塁で三塁打を打ったのが決勝点に。なんとおとなは負けてしまったのであった。こんなことなら、寝ている長男をたたき起こして連れて行くんだった。
 帰ってから、末っ子に今月のお小遣いの2倍、600円を渡した。彼は、チャレンジでもらったばかりのパックマン貯金箱に、ぱっくん、ぱっくんと食べさせた。やれやれ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。