スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イモリのしっぽ

 「Teen Age」という本を読んだ。けっこうイマドキの女性作家の短編が7つ入ったアンソロジーである。その中で、椰月美智子さんの「イモリのしっぽ」が気に入った。私立高校の合格が決まって、友だちはまだ公立高校の受験中。なんということも起こらない小説だが、ちゅうぶらりんの女の子の心情をていねいにすくい上げていて、読んでいて気持ちのいい短編だった。椰月美智子さんは「十二歳」という本で講談社児童文学新人賞を受賞している。そちらも読んでみようと思いました。
31457300.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。