スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おまわりさん

 世間では、信じられない凶悪な事件で多くの人が亡くなっている。秋葉原での無差別殺人は、芸大生の命も奪ってしまった。
 あの事件の大捕物を録画した映像があって(何という偶然!)、1対1で犯人と向き合った警官が犯人を捕らえ、携帯電話で報告しているところが克明に映し出されていた。 
 交番勤務のおまわりさんが、犯人の暴走を発見し、追いかけ、一度は逃がしたものの最後に拳銃を突きつけて、たった一人で犯人を取り押さえたそうである。えらいなあ、何を持っているかわからない、何をするかわからない犯人にくいついていくなんて。「犯人は手錠をかけて、ちゃんと捕まえました。現場は、現場は・・・倒れている人がたくさんいます(というような内容)。」と携帯で報告する彼は、とほうにくれているようにも見える。
 特殊部隊でも何でもない、町のおまわりさんががんばったんだなあと思って見ていたら、「もう少し早い時点で取り押さえていたら、」とか「拳銃をなかなか出さなかった」とか、非難するコメンテーターがいた。そうでしょうか、訓練してきたとしても、自分が実際に人に向かって銃を向けるとき、手が震えたり、ためらったりする、人間として当たり前の感覚ではないか?
 少なくとも、私はあの映像を見て「おまわりさん、ありがとう。」と素直に思いました。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。