スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の大会

 市内の中学校の運動部では、長男の頃は一年間に、春・夏・秋と大会が3回あった。中3は夏の大会を終えると引退だった。ところが、最近は大会は春と夏の2回になってしまった。普通の部活動では春(6月)の大会で引退である(もちろん、県大・関東大会と進めば続きがある)。
 でも、サッカー部は春の大会が終わっても、7月から始まるタカマドミヤノハイというけっこう大きな大会がある。大会といっても平日に中学校を休んで行うわけではないので、週末ごとに試合がある。タカマドミヤノハイは3年生のための大会なので、今まで2年生やらに押されてベンチにいた3年生も、基本的にはレギュラーでがんばる最後のチャンスでもある。
 次男の中学校では、顧問の先生が呪い倒したともいうべきナイスなクジを引いたので、1回戦はなくて2回戦から始まった。最初の試合が今日。勝てば明日・明後日と試合が続く。
 実は、次男の右足は肉離れを起こしかけている(右手の剥離骨折は、やっと治った)。毎日病院通いだが、病院の先生も「最後の大会だから、出たいでしょう。」とおっしゃった。親としては無理はさせたくないが、これが最後なら、致し方ない気もする。
 今日の一戦、私は生徒のレッスンをずらせなかったので、レッスン後に駆けつけた。うちの中学校のお母さんたちは熱心なので、十数名が応援にいらしていた。結果は3-0でわが中学校の勝利。引退は1日先延ばしになった。やれやれ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。