スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の結果は

 次男のサッカーの大会、2試合目。今日は、私は朝から娘の箏の先生のお宅にご挨拶に伺って、帰ってきてから自転車で会場の中学校へ向かった。ちょうど試合開始にたどり着いた。
 今日の結果も3-0でわが校の勝利。引退はまたまた先延ばしに。実は今日は、県内の中学校3年生が参加する模試の日でもあった。サッカー部員のほとんども、一応申し込んであった。昨日の時点で、「あ~あ、4000円(受験料)が飛んでいったわ。」とお母さん同士嘆くことしきり。だって、初日に負けたら受けられる模試なら「勝ったから受けられなかった。」はやむを得ないとしても、「負けたのに受けられない。」という状況は避けたいと思うのが親心である。やれやれ。引退したら、勉強に励んでね。

 さて、タカマドミヤノハイは、関東・全国大会と進むと、クラブチームも参加してくる。つまり、中学校の部活動でサッカーをやっている子と、クラブチームでサッカーをやっている子が対戦するわけである。まあ、次男たちがそこまで行く可能性はゼロだが、過去ピアノを教えていた生徒にサッカー少年がいた。ピアノはぼちぼちだったが、カモシカのように細くて背が高く、いかにもスポーツばっちりというタイプだった。ピアノを続けていたのは、ご両親が「ピアノをやめたら、サッカーに対する協力もないからね。」と半ば脅していたから。決してピアノを嫌いというふうではなかったが、全然練習してこなかった。
 その彼は、中学校に上がるとき、三菱養和クラブのオーディションを受け、10倍以上の難関を突破、晴れて入部した。中学校のあいだ、がんばってアメリカ遠征のメンバーにもなったし、何と言ってもタカマドミヤノハイで優勝した。その時は、もちろんメンバーでプレイしていた。今は、某大学の工学部大学院に進み、工学部故、忙しくて通常のサッカー部には入れないとのことで、工学部内のサークルでサッカーをしているらしい。ピアノは、時々自分の弾きたい曲を弾いて楽しんでいるとのことである。サッカーもピアノも、優雅だねえ。
 当時、ふ~ん、と聞いていたが、今考えればすごいことである。へっぽこキャプテンの次男とは何という違い。
 明日は強敵との戦い。でも、「あのチームには知り合いもいるし、戦えるのがうれしい。」とのたまった。最後の最後、がんばってください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。