スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どいつもこいつも

 我が家ではダンナも私も近視(ダンナは乱視も)なので、当然子どもたちも次々と目が悪くなった。長男も娘もメガネだし、次男は最初めがねだったがサッカーに不便ということで今はコンタクトレンズである。末っ子は、小学校にあがったら毎回のように視力検査でひっかかっていたが、眼科の先生が「メガネはまだいいでしょう。」とおっしゃったので、経過を見ていた。
 が、とうとう「黒板もよく見えないし、メガネがほしい。」と言い出した。今日は朝10時からレッスンがあったのだが、そのあと、コンタクトレンズを再購入する次男と末っ子を連れて眼科に直行した。土曜日は午前中だけの診療だし、とても混んでいた。
 メガネにするのはいいのだが、問題だったのは末っ子の視力がうまく測れないこと。「片目で見るときも、両目を開けて。」「目を細めないで。」と、看護婦さんは注意しっぱなし。何度測ってもその都度結果が違って、結局3度も計測した。最後は計測用のメガネをかけて15分、歩いたりいろいろ見たりして馴れてから計測。看護婦さん、ホントにすみません。これで、家族全員がメガネかコンタクトを使うことになる。
 次男はまだ中学なので、使い捨てコンタクトレンズを一度に一箱(3ヶ月分)しか購入できない。幸いなことに、行きつけの眼科がお手頃価格でコンタクトレンズを扱っているので、たいそう助かっている(私もここで購入している)。使用期限ギリギリのレンズをはめて行ったら「ちょっと汚れているから、新しいのにして測ってみましょう。」と言われ、試供品をはめての診察になった。「やった、ラッキー!一枚もらえちゃったよ。」と単純に喜んでいた。やれやれ。
 次男の新しいコンタクトレンズをいただいて、末っ子のメガネの処方箋をいただいて帰ったら、もう12時をずいぶん回っていた。あわててご飯を食べてから、次男と自転車で高校の説明会に行ってきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。