スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホイッスル

 こんな話はどう?

 サッカーの試合、前半・後半とも両チーム得点できず0-0のまま。最後の1分を切ったところで一方の反則行為からフリーキックへ。相手ゴールからはかなり遠かったけれど、監督は「○○、ねらっていけ!」と叫んだ。周囲が固唾を呑んで見守る中、蹴ったシュートは相手のゴールキーパーの手に当たるも、すり抜けてゴールへ。「やったー!入った~!」と抱き合って喜ぶと同時に「ピッ、ピッ、ピーーッ!」と試合終了のホイッスルが。
 
 というのが、今日の次男の中学校、新人戦の結果である。シードだったので、1回戦はなく、2回戦の今日が初戦。次男は3年だからもちろん引退しているのだが、「試合、見てきてよ。何だったら、カメラ持って行って写真もバシバシ撮ってこいよ。」と次男にせっつかれ、たまたま午前中のレッスンの生徒さんがお休みになったので、自転車をチャリチャリ30分こいで市立グラウンドに駆けつけた。さすがにカメラは持参しなかった。
 勝ててよかったよ。ドラマ(ルーキーズ?)みたいな決着に、こちらの子どもたちも応援のお母さんたちも沸きに沸いた。でも、下校してから結果を聞いた次男は、もちろん喜んだけれど、「相手のゴールキーパーは、立ち直れないくらい落ち込んでるだろうなあ。」と言った。お母さんたちもそれは気にかかっていた。届かないところに蹴られたらあきらめもつくが、触ったのにゴールされたわけだし。フリーキックの原因になってしまった子も、ゴールキーパーも、それはそれは自責の念にかられることだろう。逆の立場だったらと思うと、痛ましい気もする。でも、そういうこともあるのが勝負の世界である。乗り越えるのは、やっぱり仲間の力だろうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。