スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年経ちました。

 長男が小学校5年生だったとき、私がコンサートで外出している日に、1匹の子猫を拾った。車にはねられたのか、誰かに痛めつけられたのか、血を流してぐったりしていた。長男は一緒にいた女の子たちと一緒に、子猫を動物病院に連れて行った。その経緯は以前書いた。(
おとなの責任
 三毛野みいちゃんと名付けられた(うちの子たちが勝手に名付けた)猫は、本当に動物病院の先生の予想を超えて長生きしている。今年9月、長男が拾ってから10年を迎えた。081021_1733~01相変わらず、排泄に関しては時間ごとに先生や看護婦さんのお世話になりながらも、元気に過ごしている。
 昨年2月に私たちが今のマンションに引っ越したとき、今度はペット可だったので「みいちゃんを引き取ります。」と先生にお伝えしたが、先生は取り合ってくださらなかった。動物病院では「にゃんにゃん」と呼ばれ、かわいがられている。
 ついでに、うちの子たちは、長男のみならず、娘も次男も、たまには末っ子も、用もないのに時たま動物病院を伺っては、みいちゃんや、カバという名の犬や、亀二匹(フジ子とハナちゃん、どちらも10キロ以上あるし、しかも成長中)と遊んでくる。動物病院って、そんなにいろんなものを飼っているところなのか?おそらく、長男と一緒にみいちゃんを連れて行った女の子たちは、その後のことは何にも知らないだろう。でも、みいちゃんは生きてるよ!先生、本当にありがとう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。