スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次なる試練

 先日、10年前の猫助けについて書いた。みいちゃんはおばあちゃんだけれど、幸せに暮らしている。
 で、今日、夕方は私が事務所でレッスンしているので、末っ子はたいがい学校から帰ってきてひとりぼっちである。帰宅して、彼は自宅マンションの前で段ボール箱を見つけた。中から鳴き声がしたので見たら、子猫が4匹。私の携帯と長男の携帯に電話してきたが、あいにくレッスン中だったりで話せなかった。末っ子は、段ボールごと、みいちゃんがお世話になっている動物病院に連れて行った。そこに、電話を受けた長男も駆けつけた。
 先生は「うちは動物病院だから、里親捜しはできないなあ。小学校の先生に電話してみなさい。」とおっしゃった。小学校に電話して、末っ子が担任の先生と話し、電話を替わって長男が話した。まあ、「どんな命も大切だ!」と教え続けている小学校が、こういう場合にどういう話をしてくれるのか、病院の先生もちょっと試したい気持ちになったんじゃないかと思う。おとな社会の不条理だけれど、たいがいの場合、「見て見ぬふりをしなさい。」という実際のおとなの気持ちと、学校で教える建前との食い違いに、子どもは傷ついている。
 で、そのあと家に連れて帰ったが、連絡を受けたダンナが、当然「もと会った場所に置いてこい!」と指示した。が、エレベーターで下に降りようとしたら、猫をたくさん飼っているおばちゃんに会ってしまった。「がんばって、お父さんを説得して飼ってもらいなさい。」と励まされて、下に置いてくることができなくなってしまったのである。081031_1854~01081031_2025~01081031_2026~01081031_2026~02081031_2027~01 猫なんて飼ったこともないし、何をしていいのかわからなかったが、とりあえず仕事が終わってからスーパーに行って、子猫用の離乳食を2種類、おしっこ吸収シートを買ってきた。子どもたちも友だちにメールしたり電話したり、2人ばかり「もらってもいいかな。」という家を探し出した。
 でも、ほかの兄弟と比べてあきらかに小さい子猫は、うちで面倒見るしかないかなあ。どうして、うちでは次から次へとこんな問題が起こるんだろう?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コンバンワ

お久しぶり?・・ですv-266
なんてまあカワイらしいやら、せつないやら(複雑涙・・)
いちばんかわくてやんちゃな盛りですね
先月は
うちのマンションの同じ階のお姉ちゃんが
まだ目も開いていない子猫ちゃんを
引き取ってきました
何とか元気に育っていますv-238
みたところ
同じくらいの月齢かもしれません
  ×4となるとしっちゃかめっちゃか
でしょうね・・

にしても
あとさき考えずに「欲しい」と想ってしまう私は
猫好き病

めたこさんは、何匹?

飼っていらっしゃいますか?ダンナは、情が移らないように必死で距離を置いていましたが、めでたく陥落いたしました。1匹ないしは2匹飼うのもいたしかたない、そうです。
うちのチビちゃんたちは、生後1ヶ月半くらいらしいです。もうミルクもいらないし、ドライフードをむしゃむしゃ食べています。
先のことを考えると暗くなりますが、とりあえずかわいいし、ま、いいか、と考える、B型の私です。
プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。