スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避難訓練(不審者)

 夕方レッスンの合間に末っ子と買い物に行く道すがら、「今日、先生がこわかった~」と言う。「どうしたの?忘れ物してしかられたの?」と聞くと、「違うよ。」「先生のご機嫌が悪かったの?」「そうじゃなくて、不審者が来る訓練で、犯人がうちのクラスにきたんだよ。」と言う。不審者役の先生が竹の棒を振り回しながら(「本当は包丁を使うところだったんだけど、子どもの前でそれはあぶないから、棒になったんだよ。」)、校舎の3階の末っ子たちのクラスに乱入しようとしたのだそうだ。みんなは急いで、避難の準備をした。「窓ぎわのトットちゃん」読んでいたのでメガネを外していた末っ子は、あわててメガネを床に落としてしまったらしい。どこにあるかわからなくて、すごく困ったけれど、本当に運よく机の下に落ちていて、避難する子どもたちに踏まれることもなかった。まだ二十代のお姉さん先生は、黒板用の三角定規で犯人とちゃんちゃんばらばらと戦い、えいっとそばにあった机を廊下に投げ飛ばして応戦したそうで(「○○くんの教科書とか、机からはみ出して、曲がっちゃったんだよ。」)。教室に入った犯人に、みんなは避難して、駆けつけた先生方が犯人が出られないように先生がドアを必死で押さえていたのだそうである。あまりの熱演に、犯人役の先生は膝に怪我をしてしまった。女子は本番さながら(???)きゃあきゃあ騒いだ。
 「持ってたのが竹の棒だったし、本当の不審者じゃなかったけど、本当なら、包丁で刺されて殺されていたんだよ。」と末っ子はしたり顔で言う。なかなかリアルな避難訓練だったようで。「こわかった~」って、結局、不審者がこわかったのか、奮戦した担任の先生がこわかったのか、何がこわかったのかは謎である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。