スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリジナル

 近所を歩いているおじさんのTシャツに目が止まった。背中に縦書きで「風林火山」と書かれていて(「火山」のほとんどはズボンにインで見えなかったけれど)、ちょこちょこ山や雲らしい絵もついている。

 なんか、ヘタうまっぽいデザインだなあとよく見たら、マジックで書いてあった。白いTシャツに自分で書いたのかなあ。マジックがちょこっとかすれて、線もヨロヨロしていて、なかなかな味でありました。

 Tシャツのズボン・インといい、個性的なファッションである。既製品のアレンジっていうのはいろいろあるけれど、単純にマジックで書くのもありだったのね。

今年のミニトマト


 正確に言うと、ベランダで園芸をやっているのはダンナなので、私は「今度はアレがほしい」「ナニを植えて!」と希望を述べるだけなのである。
 
 だが、毎年懲りずに挑戦するキュウリとトマト、今年はキュウリの調子がすこぶるよく、もう何本も穫れ穫れをいただいた。そしてミニトマトは、今年初めて夏の間お弁当用に買わなくてもよさそう。

 150713_0657~01

 こういうのが、何株もあるのである。すべて、種から蒔いたもの。うちに植えるだけじゃ余るので、ダンナは田舎のほうの知り合いに残りの苗を差し上げた。みなさん、地べたに植えたので、きっとうちよりも甘くて美味しいのができると思う。でも今年のは、うちでもけっこういけてます。
 孫がくると、ダンナは孫と一緒にせっせと収穫する。できたマゴなので、野菜が大好き、トマトもキュウリもどれだけでも「うまっ!」と感嘆しながら食べる。いくら食べてもなくならないからね。
 
 今年は、初めてオクラの種も蒔いた。そのとき、オクラは初めてなので、芽が出ても、雑草かオクラかわからないので、ダンナはお手本用にオクラの苗も購入した。苗も種もすくすく育って、穫れたてのオクラをサラダに刻んでみたりしている。残念ながら1本ずつしかできないけれど、なかなか美味である。花が咲いたあと、空に向かってぐんぐん育つ。

  150713_0656~01

 蛇足だが、オクラの花は麗しい。人気ブロガー「農家の台所」のレシピ本でも「野菜の中で、オクラの花が一番好き」と書かれていた。大きくて清々しくて、きれいな花である。

 

おうちが好き?

 休日にダンナに車を出してもらって、少し遠くの大型店に行く。その途中にあるのが、このアパート(?)

   150712_1030~02

 「かえりたそう」って、誰が考えたのかな?いつも、ちょっと気になっています。

目からウロコ

 食器洗いの洗剤は、詰め替え用を買って元々の容器に入れて使っていた。

 でも思い立って、詰め替え用のボトルに元の容器のキャップをつけた。ぴったりじゃないの。

   sennzai

 これなら、ずっと使っていてくすんできた容器を洗う必要もないし、2回分入っているからしばらく詰め替える手間もない。こぼれないように移したり、残った洗剤をひっくり返して使う必要もない。見た目はイマイチかもしれないけれど、問題はないでしょう。
 どうして今まで気がつかなかったのかな?

図書館でのCM

 宗教がらみでちょっと気が引けるが、このCMがすごく好きなんである。聖教新聞の図書館編。
 図書館に通う子どもってのがまず好きで、これを見ると毎回ちょっと泣きそうになる。子どもも司書のお姉さんも、実際に近所にいそうな感じで、本当にほっこりする。
 
 末っ子が高2になって、小学校も遠くなったが、私はまだ小学校の図書ボランティアを細々と続けている。「次はどんな本を読もうかなあ。」とやってくる子どもに悪い子はいない、というのが持論。ついでに、休み時間、校庭で遊ぶのが苦手だったり、教室にいづらい子どもも必ずいる。そういう子たちの居場所にもなれたらいいなとも思う。
 休み時間の図書室におとながいることで、何かしら安心できたらいいなあと考えている。

 蛇足ですが、昨日小学校の図書室に行ったら、早くも今年度の読書感想文の課題図書が入っていた。現在の司書教諭の先生は、本当に熱心な方なのである。
 で、高学年の課題図書に、「ちいさなちいさな」という微生物に関する科学絵本が選ばれているのだが、この翻訳をした越智典子さんは私の高校時代の同級生。翻訳だけでなく、子供向けの科学本や児童文学で大活躍している。以前妹から教えてもらって読んだが、課題図書になって多くの子どもたちに読んでもらえるなんて、本当によかった。
 彼女の書いた「ピリカ、おかあさんへの旅」は、私のベスト絵本の一冊である。力のこもった絵を描かれた沢田としきさん(私と同い年)は亡くなってしまったけれど。

忘れられないドラマ

 ン十年前に1回見たきりなのに、忘れられないドラマというのがある。
 
 一番印象的なのは、やはり「タイムトラベラー」。1971年に放映されたNHKの青少年向けドラマだった。言わずと知れた筒井康隆「時をかける少女」原作の「少年ドラマシリーズ」だが、本当に夢中になった。だって、私も中学生だったしね。その後の原田知世ちゃん(って、最近はもう熟女だけれど)の映画「時をかける少女」も好きだったけれど、最初に見たせいか忘れられない作品である。残念ながら、NHKにもデータが残っていないらしい。

 まだ2時間ドラマが少なかったころ水曜日に見たと思うのだが、恋人たちのいた場所。小林 薫が無口な青年役で、樋口可南子演じるOLが捨てるゴミ(スーパーのレジ袋の持ち手をくくってウサギの耳に見立てたもの)を持ち帰っては中身を見るという、かなりな変態っぽい展開だった。でも、すごくせつない恋愛ドラマだったんだよね。小林薫さんの、言いたいけれど言えない、がんばって言ったら伝わらないという演技が印象的だった。そういえば、以前は2時間ドラマも刑事ものや推理ものばかりでなかった気がする。主役の二人がすごく若くて、初々しかった。1986年のドラマである。

 最後に、日曜日の夜9時に東芝日曜劇場と題して毎週1時間ドラマを放映していた頃、若かりし頃の吉永小百合さんが主役だった「白い闇」。松本清張の原作である。人妻を愛して、その夫を十和田湖で殺した従弟の役を草刈正雄さんが演じていた。昔の草刈さんは、イケメン(という言葉は、まだなかった)だけれど演技がヘタ、という評価だったと思う。でも本当に端正な顔立ちで、ドラマのクライマックスでその人妻役の吉永小百合さんに湖の上で「あなたが好きだったから」とびしびし泣きながら訴えるシーンは忘れられない。若い(バカい?)草刈さんの雰囲気が、ドラマにぴったりだった(と、思っている)。1977年の作品である。
 この「白い闇」は本当に何度もドラマ化されていて、ヒロインが音羽信子さんの1959年版から、最近では大竹しのぶ・加勢大周版まである。

 たった1回、テレビで見ただけのドラマ(昔はビデオもDVDもなかったからね)がン十年も心に残るというのは面白い。しかも、よく考えれば、どれもたいした話ではないんですけど。
 

パクチー 元気です。

 ダンナにおねだりして育ててもらっているパクチー、冬になってもぴんぴんしている。晩秋から小さくて白い花も咲いている。

 今日は、鯛の切り身をホイル焼きしたものに載せたりした。
 これで、見た目もばっちりである。

  150104_2026~01

 冬になっても、小ネギ、セロリ、パセリなども元気いっぱい。ベランダの景色はイマイチだし、お腹の足しにはならないけれど、ちょっとした彩りに役立っています。

お正月も終わって

 たいしたおせち料理も作らず、のんびり過ごした正月だったが、我が家では1月7日には必ず七草粥を作る。
 
 スーパーで売っている「七草セット」を購入して(お手軽)、前日の夜からお米を研いでおく。朝、土鍋でお粥を炊き、途中で七草を刻んだのを加える。水加減も適当で、足りないと思ったら、いいかげんに足す。

  150107_0700~01

 お粥なんて朝食べるものだよと思っているので、朝出かける人に合わせて作る。ということで、今日はお弁当を作る時間がなかった。長男、ごめんなさい。

 それに、たぶんこれをたくさん食べても、お昼ご飯までにすごくお腹が空いただろうなあ。

 でも、何となく体によさそうでしょ。私はけっこう気に入ってます。

今年もお世話になりました

 最近なかなかブログの更新もできませんでしたが、生きています。

 今月23日には今年3度目の京都に出かけた。今回は、初日に国立博物館と三十三間堂に行こうと決めて、2日目には建仁寺から散策した。

 国立京都博物館の建物は、とても風情があった。この中は特別展でしか使われないそうだが、見るだけでちょっと贅沢。

  141223_1409~01

 三十三間堂の壮観な観音像にも感動。

 夜は、前回修学院離宮に行った際にランチしたイタリアンレストランで。クリスマスメニューを堪能しました。

 翌日は建仁寺で立派な竜を拝見。

141224_1042~02

すぐそばのイノシシを祭った摩利支尊天で、亥年限定のお守りを買った。

昼食後は八坂神社から南へゆっくりと散策した、
夕方帰宅して(いつも、早めの新幹線で帰る)、ちゃんとクリスマスの鳥の丸焼き、コーンスープなんかを作りましたよ。

ところで、今回泊まったのは、京都国際ホテル。26日の朝食までで廃業ということだった。古いながらも気持ちのよい部屋で、窓からは二条城が見えた。中庭の池には白鳥がいた。土地は外資系企業に売却されたらしいが、あの白鳥はどうなるんでしょうね?

気がついたら

 最近は、インターネットで買い物することが多い。楽天もよく利用している。

 ちょっと忙しくてちゃんと見ていなかった間に、

 楽天市場でのお買い物の支払いに使えるのは楽天銀行だけ

になっていた。楽天からショップへのお達しだそうだ。

 困ったなあ。クレジットカードを使わない私は、三菱東京UFJ銀行か、ゆうちょ銀行への振込を多用していた。どちらも、振込手数料が無料なんだもの。そういうショップを選んでいたし、たくさんあった。
 とりあえず、このあいだ楽天Edyを手に入れたので、コレを使ったお支払いを使えるショップを探そう。
 楽天銀行に口座を作るっていうのは、、、、今のところ考えていない。

 でも、ちょっとけちくさい変更じゃない?と思っているのである。
プロフィール

しおん

  • Author:しおん
  • 4人の子どものうち、1人は結婚し孫もできました。まだまだ子育ては続きますが、日々格闘しながら、ピアノと向かう毎日。大好きな本のこと、ベランダの緑、趣味の手芸もご報告していこうと思っています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。